園児募集中!ノートルダム清心女子大学附属幼稚園では、キリスト教精神に基づいた幼児教育を行っています。幼稚園の概要や入園案内、園の一日などを掲載しています 〒700-8516 岡山市伊福町2丁目16番9号 電話:086-253-4780 FAX:086-256-2275


〒700-8516 岡山市伊福町2丁目16番9号TEL 086-253-4780 FAX 086-256-2275
 
園だより・宗教だよりなど園長メッセージ―園長室より

■12月の園だより
12月の園便り  アドヴェント(待降節)に入って、いよいよ冬を迎えました。園児は登園の時には口々に寒い寒いと言っていますが、いざ遊ぶ段になると人が違ったように、気温などお構いなく走り回っています。「子どもは風の子」の所以ですね。家の中では寒がっているのに散歩のときだけは全く寒そうにしない我が家の犬のようです(失礼!)。でも、ということは、子どもがいかに動物本来の感覚を持っているかということの証でしょう。好きなことは、逆境を乗り越えて出来る、逆を言えば、大人がいかにその感覚を失っているかということです。
 さて、街では折からイルミネーションがついて、ムードを盛り上げていますが、しかしクリスマスはキリストの誕生をただお祝いするだけのお祭りではありません。キリストというこの上ない贈り物を戴いた私たちは、だからこそ自分にあった我慢を幼子イエスに捧げ、周りの人と優しい心を分け合わなければいけないのです。それこそが本当のプレゼント交換です。待降節には幼稚園でも子どもたちなりの我慢をささげる準備をしています。クリスマスを「もらう日」でなく「与える日」として…。
 (写真は夜の幼稚園玄関ホール)

■12月の宗教だより(よろこびの訪れ)
クリスマス号
 今年は聖パウロ年と言われますが、その聖パウロが書いた書簡『ローマの信徒への手紙』に、次のようなフレーズがあります。 「一人の人(アダム)の不従順によって多くの人が罪びととされたように、一人(イエス・キリスト)の従順によって多くの人が正しい者とされるのです。」 キリスト教の奥義で、理解がむずかしいのですが、これがクリスマスの意義なのです。キリストが生まれ(てくれ)たから、私たちが罪びとから正しい者となる→罪から救われる→救い主、というわけです。  クリスマスの語源はキリストのミサ(Christ-mass)です。「キリスト」のギリシャ語原表記 「」の頭文字を取ってXmasとも書かれます。今やクリスマスは全世界で祝われるようになりましたが、私たちキリスト教の幼稚園では、本当の意味を知って祝わなければいけません▼ キリスト教国ではクリスマスが近づくと街にはイルミネーションが灯されます。これがアドヴェント、待降節です。日本でも近年イルミネーションは盛んですが、本来はクリスマスを待ち望む気持ちとして灯すのです。クリスマスの前に4回の日曜日(主の日)をはさむ習慣になっています。ですから今年は11月30日が4回前の日曜日で、この日からが待降節(アドヴェント)の始まりです。ヨーロッパではアドヴェントの前からクリスマス用品の市が立ちます。その日曜日毎に蝋燭に火をともしていくのが、アドヴェントリースです。クリスマスがだんだん近づく感じが目で見えますね。幼稚園でも、11月30日になる前に、クリスマス飾りを出しました。そして3人の博士が馬小屋を訪ねてくるという公現(今回は1月4日)までがいわゆるクリスマスで、その後キリスト教国では普通、イルミネーションをはずします。あまり長い間やっているのも、生きている木には良くないそうですし…▼ しかし始めに言ったように、私たちを救うために、私たちの罪を一手に引き受けて十字架にかかったキリストは、その目的のために生まれてきた、というのがキリスト教の神学です。そしてそれを知ったからには、ただ「神の子がお生まれになった!」と両手離しで喜ぶわけにはいきません。キリスト教における死が、ただの死として悲しむだけでなく、「帰天」という言葉の通りある種の希望を伴うのと同じく、クリスマスもまた、涙を伴う祝いだといっても過言ではないでしょう。考えてみればキリストが私たちのために十字架で亡くなる目的で生まれてきたわけですから。少なくとも母、聖マリアはそうだったに違いありません。そこでポイントになるのは、この間を私たちがどう過ごすかです▼ 清心幼稚園では待降節の間、子どもたちが我慢をしたり募金をしたりして、世界中の人のために思いを馳せます。また毎回2つあったおやつをこの期間一つにして「我慢のお金」に換算し、カトリック児童福祉基金などに寄付を予定しています。このように欲しいものを我慢したり、いやなことに耐えたりすることにより、天に宝を積むだけでなく、苦しい立場におかれている人々に思いを寄せて、さらなる大きな喜びを感じられるようにと、願っています。ご家庭でも何か我慢できるものを見つけさせ、それを「我慢のお金」に換算してクリスマスの集い(19日)に持たせてください。ご両親も何かの我慢をしてみてはいかがでしょうか?もちろんお金に換算しなくてもいいのです。きっと大きな恵みがあると思います▼  そしてイエス様のお誕生を歌ったり踊ったりしながら皆でお祝いするのが、クリスマス生活発表会です。やはり聖パウロが、『コリントの信徒への手紙一』の中に「一つの体は多くの部分から成っており、頭が足に向かって、お前は要らないなどと言えない」と書いてあります。園児にとって、どんな役もそれぞれが皆大切な役割だということを体験する良いチャンスです。自分の受け持った役を大切に尊重し、責任を持って演じて、イエス様にお捧げします。年長の聖劇3部作も見ものです。合わせてお楽しみに!▼ 19日の「クリスマスの集い」では、歌を歌ったりして楽しく過ごしますが、それだけではありません。ひょっとしてサンタさんが来てくれたりしたら「我慢のお金」を託して世界の困っている子に配ってもらうことも出来るのですが…。それが終わるといよいよ冬休み。23日の学園クリスマスミサ、そして24日夜の教会でのミサ。どれかにはぜひ参加してみませんか。▼ 馬小屋(プレセピオ)は園のロビーと各保育室に準備します。キリストがベツレヘムの馬小屋で生まれ、飼い葉桶に寝かされたことを表しています。この習慣は古代にはなかったのですが、中世期にアシジの聖フランシスコ(本学長の修道名)が最初に始めました。 12月の宗教だより(よろこびの訪れ) 園では子どもたちが良い心ですごしたり我慢ができたりすると、自分でイエス様の寝床に「わら」を一本敷きます。温かい心で寝床を暖め、イエス様がお生まれになるのを待つのです。ロビーにありますので、ご覧ください。 (写真は玄関ホールのプレセピオ)


園長/大谷文彦
園長/大谷文彦

バックナンバー
 最新版はこちら
  4月度バックナンバー
  5月度バックナンバー
  6月度バックナンバー
  7月度バックナンバー
  9月度バックナンバー
 10月度バックナンバー
 11月度バックナンバー

 

トップ新着情報教育方針概要・沿革園の特色園の生活年間行事 | 園児募集お問合せ園長室より

ノートルダム清心女子大学附属幼稚園
〒700-8516 岡山市伊福町2丁目16番9号
電話番号086-253-4780 ファックス番号086-256-2275
Copyright 2008 Notre Dame Seishin University Attached Kindergarten. All Rights Reserved.