園児募集中!ノートルダム清心女子大学附属幼稚園では、キリスト教精神に基づいた幼児教育を行っています。幼稚園の概要や入園案内、園の一日などを掲載しています 〒700-8516 岡山市伊福町2丁目16番9号 電話:086-253-4780 FAX:086-256-2275


〒700-8516 岡山市北区伊福町2丁目16番9号TEL 086-253-4780 FAX 086-256-2275
 
園だより・宗教だよりなど園長メッセージ―園長室より

■3月の園だより
3月の園便り   温暖化等で不安定な気候が続くだけでなく、それに輪をかけて政局の不安定と経済の不安定が続きますが、そんな中、昔も今も変わらないのが、子どもです。0歳の出発点は皆同じで、3〜6歳ぐらいはまだまだ昔のままです。園児を見ていてつくづく感じます。アリの動きを飽きるまで眺めているのも、どろだらけになって砂遊びをするのも、昔と同じです。このように子ども一人ひとりをズームすると昔のままの子どもですが、もっとワイドに見てみれば、明らかに違って見えてきます。取り巻く環境が変化したからでしょう。その変化した環境を中心に物事が展開していくと子どもが犠牲になる、変化してないはずの子どもが歪められてしまうのではないでしょうか。
 また今年も年長児たちが巣立って生きます。しかしこの子達には変化した環境の中で本来のものを失わないで、育っていってほしいと願っています。


■3月の宗教だより(よろこびの訪れ)
いと小さきもの(マタイ25.31-46)
  マタイ福音書に、キリストが受難を受ける直前のいわば最後の説教に、キリスト再臨の様子を語ったものがあります。「人の子は…その栄光の座に着く」と、「全ての国の民がその前に集められ…」、羊飼いが羊と山羊を分けるように造作なく左右の二つに分けるのだといいます。読み進めていくと、その基準は「いと小さきもの」に何をしたか、しなかったかなのだということがわかります。そして「いと小さきもの」とは私たちの隣人の中でも特に弱い立場にある人(飢えている人、宿のない人、病気の人、着る物のない人等)のことで、キリストは、この「小さきもの」にしたことは自分自身にしてくれたことだと見做しているのです ▼私たちはとかく、他より優れている人や社会的地位の高い人にはいろいろなことをしますが、そうでないと思われる人には冷たかったりするのではないでしょうか?神であるキリストのこの言葉を聞くと、私たちはうかうかとしていられません。周りの人との接し方が変わって来そうですね  ▼前号で、私は日に3回ほどいやな思いをしていると書いたら、保護者から「園長先生はそんなにいやな思いをしているんですか…」と言われてしまいました。実は正直、ほとんどいやな思いはしていません。3月の宗教だより(よろこびの訪れ)7×70回を逆算して、一日に3回ぐらいと書いただけなのです。そのくらいの方が話の種になるからです。ごめんなさい。逆に周りの人にいやな思いをさせないことの方が先決かもしれません。だってその中に「いと小さきもの(キリストご自身)」がいるのですから…。

+園児語録+
(縦割りクラスでおひな弁当を食べていた時、年長さんが嫌いなキュウリを持て余していたら、年少さんが横まで来て小さい声で)
   「むりしてたべなくってもいいのよ…」  (-.-;)
       


園長/大谷文彦
園長/大谷文彦

バックナンバー
 最新版はこちら
  4月度バックナンバー
  5月度バックナンバー
  6月度バックナンバー
  7月度バックナンバー
  9月度バックナンバー
 10月度バックナンバー
 11月度バックナンバー
 12月度バックナンバー
  1月度バックナンバー
  2月度バックナンバー

 

トップ新着情報教育方針概要・沿革園の特色園の生活年間行事 | 園児募集お問合せ園長室より

ノートルダム清心女子大学附属幼稚園
〒700-8516 岡山市北区伊福町2丁目16番9号
電話番号086-253-4780 ファックス番号086-256-2275
Copyright 2008 Notre Dame Seishin University Attached Kindergarten. All Rights Reserved.