園児募集中!ノートルダム清心女子大学附属幼稚園では、キリスト教精神に基づいた幼児教育を行っています。幼稚園の概要や入園案内、園の一日などを掲載しています 〒700-8516 岡山市伊福町2丁目16番9号 電話:086-253-4780 FAX:086-256-2275


〒700-8516 岡山市北区伊福町2丁目16番9号TEL 086-253-4780 FAX 086-256-2275
 
園だより・宗教だよりなど園長メッセージ―園長室より

■9月の園だより
  毎年、今年の夏は異常だと言い続けるようですが、6月終わりに植えた芝生が、例年になく雨がしっかり降ってくれたお陰で夏休みの間も枯れることなく、青々と茂っています。いよいよ2学期が始まりました。夏休みはいかが過ごされたでしょうか。子どもたちにとっては特別のお出かけよりも、すずらんむしろ日々の生活にちょっとした喜びがあることが大切だと前に書きました。バザーを皮切りに2学期は行事続きですが、一回り大きくなった子どもたちと一緒に、地に足をつけて日々の生活をしっかりと歩んで行きたいと思います。その中にこそ黄金の日々があるのです。



■9月の宗教だより(よろこびの訪れ)
*敵を愛しなさい(ルカ6・27〜36)*
「罪を憎んで人を憎まず」という言葉があります。いかにもキリスト教的発想だと思いますが、実は孔子も同じことを言っているようです。日本でも「悪人も死ねば仏」のような考えがありますね。キリスト教では人の原罪(人祖アダムの犯した罪で、その後の人類が負っている、生まれつき罪に傾く傾向)を唱えていますから、罪と人をオーバーラップさせると、人間そのものを否定することになります。罪は罪として厳しくしても、その人の人格まで否定するものではないということなのでしょう ▼この「人格を否定しない」ということは、即ち愛するということになるのではないでしょうか。他人(ひと)の人格を否定しないということは、その方の全てを受け入れ、隣人として愛するということになります。そこから敵をも愛すという発想が生まれます。敵なんて特にいないよという方もあるでしょうが、敵とまで言わなくとも、お知り合いの中で苦手な方や少し肌が合わないと思う方などが、すでにこの範囲に入っていると考えたらどうでしょう ▼そういう相手を「愛す」というのは、聖人君子でなければ出来っこないと思いがちですが、それは愛するという言葉を大げさに捉えすぎかもしれません。日常にいくらでもあるようなもの、何も殺したいほどの敵ではないのでしょうから、ちょっとしたいたわりの気持ちや優しさ、その方のことをちょっと心にかけてみる、これがすでに「愛」の始まりです。「坊主憎けりゃ袈裟まで憎い」にならないよう、ともすれば避けて通りたい方のことを少し考えてみて、出来ればその方のために(せめて「あの方の頑なな心が和らぎますように」でも良いので)お祈りをすることが、それこそ「敵を愛する」ことであり、ご自身も楽になることだと思います ▼それにしても日本の国を考えるにつけ、隣国と3つの領土問題や海洋覇権主義の驚異を抱えている現在、国家としてしっかりとした対応(罪を憎んで…)をしながら、その国民一人ひとりに対しては愛を持って(…人を憎まず)接するとき、本当の大人の外交ができるのにな…と思います。
   
 +園児語録+  7.1      
 「えんちょうせんせい!ほらみて!」
年少の女の子が手をグーにしてやってきました。
 「何がいるのかなあ?」
 「あのね…、おだんごむし」
 「 … 」 
“お”はつけなくってもいいかもね…(~~;)/
   


           


 


園長/大谷文彦
園長/大谷文彦

バックナンバー
 最新版はこちら
  4月度バックナンバー
  5月度バックナンバー
  6月度バックナンバー
  7月度バックナンバー

 

トップ新着情報教育方針概要・沿革園の特色園の生活年間行事 | 園児募集お問合せ園長室より

ノートルダム清心女子大学附属幼稚園
〒700-8516 岡山市北区伊福町2丁目16番9号
電話番号086-253-4780 ファックス番号086-256-2275
Copyright 2008 Notre Dame Seishin University Attached Kindergarten. All Rights Reserved.