園児募集中!ノートルダム清心女子大学附属幼稚園では、キリスト教精神に基づいた幼児教育を行っています。幼稚園の概要や入園案内、園の一日などを掲載しています 〒700-8516 岡山市伊福町2丁目16番9号 電話:086-253-4780 FAX:086-256-2275


〒700-8516 岡山市北区伊福町2丁目16番9号TEL 086-253-4780 FAX 086-256-2275
 
園だより・宗教だよりなど園長メッセージ―園長室より

■4月の園だより
 今年は曜日の巡りから、遅めの入園式、始業式でしたが、生命力のはち切れそうな新入園児たちを迎え、いよいよ2012年度が始まりました。年少のクラスからは、しばらくは泣き声の大合唱を聞くことになります。園側としては例年のことですが、本人たちにとっては一世一代の大事業でしょう。これも経験です。在園児はといえば、春休みの間にすっかりお兄さん、お姉さんらしくなったでしょう。年中さんから入った園児も一年前からいたかのように、新しいクラス、友達、先生にすぐに慣れると思います。なにしろ、園は年少・中・長、すべての園児で形成されていますが、園児集団の方向付けは年中・長の在園児にかかっているのですから。
いつになったら春が来るのかと思っていましたが、ご復活祭も過ぎ、学内のソメイヨシノに続いて、園内の八重桜もじきに咲くことでしょう。園児たちと一緒に桜を愛でる日を楽しみにしています。



■4月の宗教だより(よろこびの訪れ)
*復活祭(イースター)*
 幼稚園の玄関ロビーに、卵を中心とした飾りがあるのをご覧になりましたか?初めての方はびっくりなさったかもしれません。これは復活祭(イースター)の飾りです。降誕祭(クリスマス)の飾りはポピュラーですが、復活祭は太陰暦と関係していて、春分の日の後の満月の次の日曜日と決まっているので、年によって変わるものですから、日本ではなかなか定着しません。今年は3月20日(春分の日)のあとの満月と言えば4月7日(土)、そのあとの日曜日が復活祭ですから翌日(8日)というわけです。幼稚園ロビーのホールクロックについているムーンフェイズ(月相)でも、4月7日は満月でした ▼思いのほか寒い日の続いた今年は、ここ岡山でもイースターと同時に春がやってきた感じで、キリストの復活の喜びが春の喜びと重なって、まるでヨーロッパのようです。昨年もそう感じたのを覚えていますが、ひょっとして月の関係で、本当に春分の日のあとの満月のころ、春がやってくるのかもしれません ▼ところで、イエスがキリスト(救い主)として死者の中からよみがえったということは、乙女マリアが聖霊の力で身ごもったということと同じように、人の知恵では測り難いことです。キリスト教の信仰を持つかどうかは、このあたりが鍵のような気がします。そういえば聖書の記述によれば、弟子たちも、湖の上を歩いたり病人を癒す奇跡を目の当たりにしたりしたこと以上に、復活の事実を信じられた時こそ、深い信仰にたどり着いたように見えます ▼この時期ヨーロッパを旅すると、お店やデパートで卵やウサギの置物やチョコレートを売っているのが目につきます。生まれ変わるという意味での卵と、多産のうさぎ(一説)ということのようですが、復活祭の40日と少し前にカーニバル(復活前の受難を迎えるに当たって喪に服す期間を持つ、その直前にあるお祭り‐謝肉祭‐)があるのも全て一連の行事です。園にいらしたらお飾りをぜひご覧下さい。
   
 +園児語録+
 3歳児は本当に面白い。昨日、親と別れて泣き続ける女児を抱っこして、気を紛らわせるために園内を散歩しているとき、何かの拍子に私の事をこう呼んだ。
「おじさん!」
ここで笑ってはいけない。さも優しそうに
「おじさんはね、名前があるから覚えてね。『園長先生』って言うんだよ」
「えんちょうせんせい!」
しばらくたってまた
「おじさん…」
そこですかさず
「忘れちゃった?なんて呼ぶんだっけ?」
すると少し考えた後
「えんちょうせんせい!」
「おっ、覚えたね」
そのあと小一時間たったころ、想定外の事を聞いてきた。
「ねえ、えんちょうせんせいは、どうしておじさんなの?」
さすがにこれには笑いを禁じ得なかった。
そのあとは本人に通じたかどうかはわからないが、一人でしゃべって一人で楽しんだ。 まるで赤ずきんちゃんの質問におばあさんに化けたオオカミが答えているみたいだなと思いながら…。
「それは、どうしておばさんじゃないの?って意味?それならね、園長先生が男の人だからだよ。それともどうしてお兄さんじゃないの?って意味?それならね、園長先生が年取っているからだよ」

まだあります。 1便が帰った後の2便の男児。泣きそうな声で
「えんちょうせんせい、おかあさんはなんじにくる?」
「そうだねえ、12時だね!」
「ハイ!」
元気の良い、物分りの良さそうな返事に感心していたら、1分ほど後に
「いまなんぷん?」
「11時34分だよ」
「いまなんぷん?」
「11時35分だよ」
その後、100回ぐらい聞いてきました。母を思う気持ちは海より深い!
いやはや、こんな毎日だと若返りますっ!(笑)
   


           


 


園長/大谷文彦
園長/大谷文彦

バックナンバー
 最新版はこちら

 

トップ新着情報教育方針概要・沿革園の特色園の生活年間行事 | 園児募集お問合せ園長室より

ノートルダム清心女子大学附属幼稚園
〒700-8516 岡山市北区伊福町2丁目16番9号
電話番号086-253-4780 ファックス番号086-256-2275
Copyright 2008 Notre Dame Seishin University Attached Kindergarten. All Rights Reserved.