園児募集中!ノートルダム清心女子大学附属幼稚園では、キリスト教精神に基づいた幼児教育を行っています。幼稚園の概要や入園案内、園の一日などを掲載しています 〒700-8516 岡山市伊福町2丁目16番9号 電話:086-253-4780 FAX:086-256-2275


〒700-8516 岡山市北区伊福町2丁目16番9号TEL 086-253-4780 FAX 086-256-2275
 
園だより・宗教だよりなど園長メッセージ―園長室より

■3月の園だより
 今年度一年を振り返ってみると、いろいろなことがあったなと思い返されますが、気が付くとちゃんと一年は経ち、園児も着実に大きくなっています。これには自然の営みにも似たものを感じますが、去年4〜5月の園児たちを思い起こせば、この1年の成長は確実なものがあります。目に見えると否とにかかわらず、皆ちゃんと深化しているのです。それこそまさに神さまの為せる業です。
さあ、今年もそろそろ年長さんたちの卒園式の練習が始まったようです。年長さんは年中さんにきちんとバトンタッチを、また年少さんは新しく入ってくる弟や妹に恥ずかしくないようにお兄さんお姉さんになっていくのです。進級進学という脱皮をそれぞれがうまく出来ますように。



■3月の宗教だより(よろこびの訪れ)
*光の子として生きる(エフェソ5・6〜20)
日本のカトリック幼稚園には、毎月の「ひかりの子」という冊子があります。ご覧になっていることでしょう。去年の6月に私がトップページを書くという機会を与えられました。その時のテーマが「あるく」ということで、エフェソの信徒への手紙のまさにこの箇所、「光の子として歩みなさい」を引用しました。それは卒園証書の中に挟む御絵にも印刷しています ▼創世記の初めに、「神は言われた。『光あれ』」とあるように、キリスト教では光を神に向かうものとして、暗闇の悪と対比させています。キリストについて学んだからには古い生き方を捨てて新しい生き方をするよう勧めます。このことは「あなたがたは世の光である(マタイ5・14)」から来ています。クリスマスに光を灯したり電飾をしたりするのも、同じ発想でしょう。ではその光の子(神に向かうもの中に生きる子)として生きるとは、どんなことでしょうか? ▼この箇所の少し前に、〇〇をしないようにとか、どうすることがそのようなことなのかが書いてありますが、「感謝しなさい」という言葉のほかはどれも禁欲的な感じのことが書いてありますが、この書簡は聖パウロがエフェソの信徒たちに向けた気持ちなので、もう少し一般的に現代の私たちに言うならば、たとえば子どもたちにも言うのですが、力の弱い者や一人ぼっちの者、社会的地位の低い者など、いわゆる「いと小さき者」の隣人となることではないかと思います。

≪聖書を読む会≫
  *3月6日(水)10:00 〜 11:15、幼稚園聖堂
≪ヨセフ会≫
  *来年度4月17日(水)19:00 〜 20:30、幼稚園リズム室
   (新年度から毎月第3水曜日となります。
    新規登録をお待ちしています。)


   
     
     


   



園長/大谷文彦
園長/大谷文彦

バックナンバー
 最新版はこちら
  4月度バックナンバー
  5月度バックナンバー
  6月度バックナンバー
  7月度バックナンバー
  9月度バックナンバー
 10月度バックナンバー
 11月度バックナンバー
 12月度バックナンバー
  1月度バックナンバー
  2月度バックナンバー

 

トップ新着情報教育方針概要・沿革園の特色園の生活年間行事 | 園児募集お問合せ園長室より

ノートルダム清心女子大学附属幼稚園
〒700-8516 岡山市北区伊福町2丁目16番9号
電話番号086-253-4780 ファックス番号086-256-2275
Copyright 2008 Notre Dame Seishin University Attached Kindergarten. All Rights Reserved.