園児募集中!ノートルダム清心女子大学附属幼稚園では、キリスト教精神に基づいた幼児教育を行っています。幼稚園の概要や入園案内、園の一日などを掲載しています 〒700-8516 岡山市伊福町2丁目16番9号 電話:086-253-4780 FAX:086-256-2275


〒700-8516 岡山市伊福町2丁目16番9号TEL 086-253-4780 FAX 086-256-2275
 
園だより・宗教だよりなど園長メッセージ―園長室より

■7月の園だより
いよいよ夏本番。一宮のプールも雨と気温、水温のにらめっこです。そして年長組さんはもうすぐお泊り保育。友達と枕を並べてのお泊りは、ワクワクとドキドキの複雑な気持ちの体験も含めて自立の第1歩(?)となることでしょう。先月引き続いて生まれたウサギの赤ちゃんを、餌やりに抱っこに写生(お絵描き)にと、いえいえ、ウサギのみならず、蚕にだんご虫に蟻はもちろん、先月来のカブトムシも今やさなぎになり、園児にとっては何でも学びです。なにしろ何にでも興味津々なのですから。先日も園児に「どうして池の水が汚れる(緑になっている)の?」と聞かれて、「お日様があたるから緑のものが出来るんだよ。葉っぱが緑なのと同じで、命の元なんだよ」などと答えました。葉緑素とか言いたかったのですが…。私の日々も充実しています。

■7月の宗教だより(よろこびの訪れ)
  私のクリスチャンネーム(霊名)は福音史家のマルコです。とはいえ、いわゆるボーンクリスチャン(幼児洗礼)で、生まれて数ヶ月のうちに洗礼を受けた訳ですから、私が選んだ訳ではありません。ゴッドファーザーが付けたのでしょう。兄がルカなので、兄弟で福音史家という訳です。もし大人になったいま洗礼を受けるなら、自分でつけたい名前があります。聖ペトロです  ▼聖ペトロはイエスの一番弟子で、兄弟アンデレと一緒に最初に弟子になりました(マタイ4.18~)。その後、登場する度に「弱さ」と「間抜けぶり」を露呈します。例えばイエスが湖上を歩いておられるのを見て、「自分も歩きたい」などと子どもじみた事を言い、しかも一瞬の疑いのおかげで沈みかけます(マタイ14.22~)。また、イエスが自分の死に方について弟子たちに話した折には、先生であるイエスをわざわざ脇へ連れて行って「そんなことを言うものではありません」などと場違いのことを言って、かえってお叱りを受けます(マタイ16.21~)。そしてあの有名な鶏の場面。イエスが捕らえられた後、怖くなって「イエスなんて人は知らない」と3回までも言います(マタイ26.31~、26.69~) ▼聖ペトロと聖パウロ(今年は生誕2000年)は共に殉教者であり初代教会の中心的使徒として大きな意味を持つ人物ですが、パウロが、キリストの死後、迫害していた側から最も重要な弟子となったのを「成人洗礼的」な強さと捉えるなら、ペトロはキリストとともに生き、ある意味の弱さと同時に三つ子の魂的な芯からの強さを持っている、まさに「幼児洗礼的」と捉えられるような気がしてなりません。実にペトロは飾らない、子どものように素直な、愛すべき人物でした。だからこそペトロはキリストご自身から教会を任されたのではないでしょうか(マタイ16.13~)。私たちは聖ペトロがそうだったように、人間としての「弱さ」を前提に神に良しとされていると思うと気が楽ですね。模範的でなくて良いのです(?)。

7月8日
今朝、登園してきた子どもたちを玄関で迎えていたら、一人の年長の女の子が血相を変えて飛んできた。「園長先生!亀が卵を産んでいる!」「えっ、どれどれ?」玄関を後にして亀の池の方に近づいてみると、すでに園児のうずだかりがあって、教師も一緒に騒いでる。夜の間に生んでいたというのかと思っていたら、どうも今、産卵の最中らしい。10個以上は生んだだろうか。ところがひどいもので、生んだ端から他の亀が卵を取り合って食べているのだ!亀たちは本能で動いているのだろうが、これで種の保存は出来るのだろうかと余計な心配をしたくなる。親亀はむこうを向いて一生懸命生んでいるのに、生み終わった後、卵が全部なくなっていることを知らないでいるのかもしれない。以前からいる教師に言わせれば、前にも朝来ると卵の残骸がたくさんある中、無傷の卵を発見したこともあるそうだ。しかしどれも生まれては来なかった、無精卵だったのではないかと言う。

いずれにせよ、私も50数年生きてきたが、亀の産卵を目の当たりにしたのは初めてである。ましてや、生まれて3〜5年しか経っていない園児が、このような貴重な機会に出くわしたのはごく希少なことで、良い経験をしたものだ。子どもも教師も皆、興奮した朝だった。


園長/大谷文彦
園長/大谷文彦

バックナンバー
 最新版はこちら
  4月度バックナンバー
  5月度バックナンバー
  6月度バックナンバー

 

トップ新着情報教育方針概要・沿革園の特色園の生活年間行事 | 園児募集お問合せ園長室より

ノートルダム清心女子大学附属幼稚園
〒700-8516 岡山市伊福町2丁目16番9号
電話番号086-253-4780 ファックス番号086-256-2275
Copyright 2008 Notre Dame Seishin University Attached Kindergarten. All Rights Reserved.