園児募集中!ノートルダム清心女子大学附属幼稚園では、キリスト教精神に基づいた幼児教育を行っています。幼稚園の概要や入園案内、園の一日などを掲載しています 〒700-8516 岡山市伊福町2丁目16番9号 電話:086-253-4780 FAX:086-256-2275


〒700-8516 岡山市北区伊福町2丁目16番9号TEL 086-253-4780 FAX 086-256-2275
 
園だより・宗教だよりなど園長メッセージ―園長室より

■11月の園だより
 毎年寒くなるといつも感じるある種の哀愁は、齢(とし)のせいもあるのでしょうか。 残すところ2ヶ月。「早いもので…」などと言うと、もう年寄りなのだそうです。 私が小学生の頃は確かに一年がとても長く感じ、 早く来年になってほしいと来年の何かを期待しながら指折り数えていたのを思い出します。 園児ぐらい幼かったらどう感じているのだろう、 一人ひとりが自分なりの進級や進学の「来年」を期待しているのでしょうか。 いえいえ、その前にまだまだたくさんの期待すべき毎日があります。 10月には実習生が来たりオープンスクールがあったり、動物園にお芋掘りにと、お楽しみがたくさんありました。 しかしこれは毎日が誕生日のようなもので、決して当たり前ではないのです。 その意味で、11月は日々の保育の中でじっくりと成長できる時です。 そしてこうした特別行事のない普段の日にこそ、幼稚園の本当の思い出が心に残るのだと思います。 それこそが幼稚園生活です。 なんでもない日々の生活の中の楽しさをしっかり見つけながら、充実した時を過ごしていってもらいたいものです。


■11月の宗教だより(よろこびの訪れ)
 ペトロ、イエスを知らないという(マタイ26・69〜75)
私たちは時に、神様を悲しませるようなことをしてしまいます。 その多くの場合は回りの環境から来るものではないでしょうか。周りが皆そうだからとか、 誰も見ていないから(周りが見ていればそうならなかった…?)とか、 友だちに誘われて断れなかったり、誘惑するものがたくさんあったり。 でもよく考えてみると、仮に環境が良かったとしても早かれ遅かれそうなったのではないかと思われます。 楽園のような環境は、実際問題ないのですから、要は本人次第だということになるのかもしれません。 こういう時は、私たちは「神様を知らない人」のようになっているのではないでしょうか  ▼キリストが捕らえられたあと弟子たちは散り散りに逃げますが、一番弟子のペトロは心配で、 付かず離れず事の成り行きを見守っています。 そして大祭司の屋敷の女中に見咎められて「あなたも仲間じゃないの?」と言われたとき、 恐怖のあまり「そんな人は知らない!」と3度までも否定するのです。 その直後にキリストが前もって言っていた「今夜、私を3度知らないというよ」という言葉を思い出し、涙に咽びます  ▼神様は神様ですから、私たちの過ちはとうにご承知で、しかも善そのものですから、それを許してくださるお方です。 しかしそれをいいことについ甘えてしまうと、過ちに慣れっこになってしまいます。 聖書はその時のペトロの心の動きと後悔の念をみごとに伝えていますが、 私たちもペトロのように後悔で涙に咽ぶことを忘れないようにしなければいけないのではないでしょうか。    

+園児語録+     
(新しく入ったセキセイインコを見て)「これ、どこで取ったの…?」
  「…(-.-;)」(トンボやバッタじゃあないんだから…)
           



園長/大谷文彦
園長/大谷文彦

バックナンバー
 最新版はこちら
  4月度バックナンバー
  5月度バックナンバー
  6月度バックナンバー
  7月度バックナンバー
  9月度バックナンバー
 10月度バックナンバー

 

トップ新着情報教育方針概要・沿革園の特色園の生活年間行事 | 園児募集お問合せ園長室より

ノートルダム清心女子大学附属幼稚園
〒700-8516 岡山市北区伊福町2丁目16番9号
電話番号086-253-4780 ファックス番号086-256-2275
Copyright 2008 Notre Dame Seishin University Attached Kindergarten. All Rights Reserved.