園児募集中!ノートルダム清心女子大学附属幼稚園では、キリスト教精神に基づいた幼児教育を行っています。幼稚園の概要や入園案内、園の一日などを掲載しています 〒700-8516 岡山市伊福町2丁目16番9号 電話:086-253-4780 FAX:086-256-2275


〒700-8516 岡山市北区伊福町2丁目16番9号TEL 086-253-4780 FAX 086-256-2275
 
園だより・宗教だよりなど園長メッセージ―園長室より

■1月の園だより
 新年、あけましておめでとうございます。昔、誕生日を祝う習慣がなかった頃は、 年が変わるとひとつ年長になる、○○才になるといういわゆる「数え」でした。 年が改まると不思議と襟を正したくなるような気持ちになるのは、そんな時代の名残もあるのでしょうか…。 今年こそはなどという気持ちも働くのかもしれません。 園児も何か今年はこれをがんばるぞという目標を持てると良いなと思います。 夏休み明けは身体の成長を、お正月明けはそんな意味で、一回り大きく心の成長を遂げていることでしょう。
 さて教職員一同は、園児が先生や友達から愛されていると感じて生活できるよういっそう磨きをかけてまいりたいと思っています。今年一年が園児にとってかけがえのない充実した一年になりますように、心からお祈りをしております。


■1月の宗教だより(よろこびの訪れ)
  求めなさい(マタイ7・7〜12)
 人はいつも更なる要求をします。わが子にもっと勉強をしなさいと口うるさく言っていた親が、 その子が大怪我をすると命だけはと思い、命が助かるともっと運動ができるようにと思い、 それもかなうともっと勉強ができるようにと思う。親心というもので、それが普通でしょう。 しかし、生きていることの喜びより、成績が悪いことの嘆きのほうが大きくなると、本末転倒です。 車の次に家と、この満足することを知らない欲求は、それで良い訳ではないと思います  ▼マタイの福音には、「求めよ、さらば与えられん」とあります。しかし、求めたけど与えられなかったと、 多くの人が信仰に躓きます。どういうことなのでしょうか?これは、その人に何が必要なのかを、 人の尺度でなく神のそれで考えてくださっているという解釈しか、答えはないような気がします。 あの有名な「ある兵士の祈り」にあるように、成功のために力を願ったら、謙虚さ学ぶために弱さが与えられるのです。 偉大なことができるように健康を求めたのに、良いことが出来るように病弱が与えられるのです  ▼これは、求めたものが与えられなかったというべきなのでしょうか?この詩によれば、 少なくとも神はこの兵士の願いを無視していたわけではない、 それどころか彼にもっと大切なものを与えていることになります。 人は「いや、そんなものは必要なかった」というかもしれません。それこそ神の尺度なのではないでしょうか? この詩は最後に「欲したものは何も与えられなかったが、誰よりも豊かで祝福された人間になれた」と締めくくります。 不思議です。では何を求めても同じではないかと思いたくなるかもしれません。 マタイではこの続きに、「だから自分がしてもらいたい(求めたい)と思うことは何でも、人にしなさい。」とあります。 これが一連の答えかもしれません。    
      

           



園長/大谷文彦
園長/大谷文彦

バックナンバー
 最新版はこちら
  4月度バックナンバー
  5月度バックナンバー
  6月度バックナンバー
  7月度バックナンバー
  9月度バックナンバー
 10月度バックナンバー
 11月度バックナンバー
 12月度バックナンバー

 

トップ新着情報教育方針概要・沿革園の特色園の生活年間行事 | 園児募集お問合せ園長室より

ノートルダム清心女子大学附属幼稚園
〒700-8516 岡山市北区伊福町2丁目16番9号
電話番号086-253-4780 ファックス番号086-256-2275
Copyright 2008 Notre Dame Seishin University Attached Kindergarten. All Rights Reserved.