園児募集中!ノートルダム清心女子大学附属幼稚園では、キリスト教精神に基づいた幼児教育を行っています。幼稚園の概要や入園案内、園の一日などを掲載しています 〒700-8516 岡山市伊福町2丁目16番9号 電話:086-253-4780 FAX:086-256-2275


〒700-8516 岡山市北区伊福町2丁目16番9号TEL 086-253-4780 FAX 086-256-2275
 
園だより・宗教だよりなど園長メッセージ―園長室より

■10月の園だより
 9月も中盤になってやっと猛暑日から解放されるようになりました。朝夕はめっきり涼しくなり、太陽も雲に隠れさえすれば、涼しい秋の風が吹きわたるのを感じるようになりましたが、それでも、一旦雲から出れば、やはり真夏日という日が続いています。巷では残暑の厳しさから運動会を延期しているという話も聞きますが、本園では10月の諸行事、すなわち教育実習や説明会、オープンスクール、そして動物園遠足やイモ掘り等を考えると、やはり予定通り9月中に終えたいと考え、20分を限界に休憩を挟みながら日々運動会の練習に励んでいます。その意味では少し能率が悪くなっているはずですが、ところが園児たちは日に日に上手になって行き、先日の予行演習を見るにつけ、運動会当日が待ち遠しい感じです。(運動会は9月26日に終了しました)祈り
 子どもたちには、運動会後も目白押しの秋の行事などたくさんの体験を通して、心も身体も大きく成長していってほしいと願っています。今年は秋刀魚(さんま)が高いとか聞きました。猛暑続きで芋も出来が悪いと聞きます。せいぜいお米でも頂いて、成長だけは促進したいものです。いえ、私のことではありません。


■10月の宗教だより(よろこびの訪れ)
*安息日に麦の穂を摘む(マルコ2・23〜)*
 私がまだ若い頃、ユダヤ教のプロ野球選手が安息日だという理由で試合をボイコットしたという話を聞いたことがあります。ユダヤ人らしいなと思いましたが、キリスト教社会において主の日の大切さを忘れかけている昨今、本当は見習わないといけないことなのかもしれません。話は創世記まで遡ります。人は世界の仕組みや人間の不可思議を、創世記という象徴的なお話で納得させました。神が6日間で世界を作り7日目に休んだ、だからこの日を聖なる日として休もうよというのが、だいたいの話です。実際は旧約聖書が書かれた頃の社会の仕組みや、暦などとの総合的な話で、どちらが先とかではありません ▼キリスト教では復活した日曜日を安息日(主日)としていますが、キリストが生きていた時はまだキリスト教は成立していませんから当然ユダヤ教社会で、土曜日がその安息日です。モーセの十戒には、「安息日を聖とすべし」とありますが、「聖とする」とは抽象的すぎるので、ユダヤ人たちは事細かに具体的な掟を作りました。それによれば、要するに働いてはいけないということになるようです ▼この聖書の箇所(まずはお読み下さい)、現代なら、人の畑に入って麦を食べたということ自体が泥棒行為として問題になりそうですが、当時のユダヤ地方では、祈り人が飢えを凌ぐために人の畑に入って取ってその場で食べるのは許されていたようです(ヴァイキング形式?)。ですからここではその日が安息日だったということが焦点になります。背景にはイエスへの妬みからファリサイ派が因縁をつけてきたというところのようですが、イエスの謂いはこうです。「安息日は(神によって)人のために定められた。人が安息日のためにあるのではない。」私たちも物事の本質をしっかり見据えると、事象に振り回されることなく信念を持てることがあるかもしれません。     
      
+徒然日記+(10月7日)       
 6月下旬に生んだ亀の卵がいつまでもかえらないので、今日掘り起こしてみました。割ってみると、少しは細胞分裂(木星のようなまだら模様)のあとがあるものの、あるものは柔らかいまま、あるものは硬くなって腐っていました。かなり早い時点で死んでいたのかなと思われます。有精卵・無精卵の違いなのか、影遊び陽炎もしくは今年の夏があまりにも暑かったせいなのか、はたまた、生んだ砂地の条件が適さないのか?砂浜や河川の砂地などは絶えず湿っていて、砂地がゆるゆるでしょうから、ここの砂地では硬くなりすぎていたのかもしれないと思っています。どなたか教えてください。

           



園長/大谷文彦
園長/大谷文彦

バックナンバー
 最新版はこちら
  4月度バックナンバー
  5月度バックナンバー
  6月度バックナンバー
  7月度バックナンバー
  9月度バックナンバー

 

トップ新着情報教育方針概要・沿革園の特色園の生活年間行事 | 園児募集お問合せ園長室より

ノートルダム清心女子大学附属幼稚園
〒700-8516 岡山市北区伊福町2丁目16番9号
電話番号086-253-4780 ファックス番号086-256-2275
Copyright 2008 Notre Dame Seishin University Attached Kindergarten. All Rights Reserved.