園児募集中!ノートルダム清心女子大学附属幼稚園では、キリスト教精神に基づいた幼児教育を行っています。幼稚園の概要や入園案内、園の一日などを掲載しています 〒700-8516 岡山市伊福町2丁目16番9号 電話:086-253-4780 FAX:086-256-2275


〒700-8516 岡山市北区伊福町2丁目16番9号TEL 086-253-4780 FAX 086-256-2275
 
園だより・宗教だよりなど園長メッセージ―園長室より

■3月の園だより
 この一年間をさっと見返すと、3学期に入ってからの参観日や子どもの部屋の参観日などで特に実感するのは、子ども達の成長です。おそらくどの親御さんも同感だと思います。宗教教育とモンテッソーリ教育の土台の上に、子ども達は個人差を伴いながらも、皆一様に蕾をつけてきているのが、目に見えて来るのです。
 先日、県PTA研修会のある先生の講演で、幼稚園は豊かな遊びを経験するところというのがありました。豊かな遊びとは即ち、喜怒哀楽です。ご家庭では喜楽の経験はたくさんあっても、怒哀の経験はなかなかさせてあげられないが、幼稚園にはそれがあるということなのです。いろいろな個性を持った千差万別の子ども達が集う中、親の知らないところでいろいろな経験をして成長していっているのです。それが小社会、幼稚園というものだと…。進学するも進級するもこの大きな節目に、乾杯!



■3月の宗教だより(よろこびの訪れ)
*地の塩、世の光(マタイ 5・13-16)*
 ユダヤの地方に死海という湖があります。若い頃習った記憶によれば、もともと一帯の岩塩が溶け出ているところへ、降水量と気温の関係で、唯一の水源であるヨルダン川から入って来る水量と水分蒸発量の需給バランスが悪く、海水のほぼ十?の塩分濃度で生物の生息に上向きだということから、死海と呼ばれているということだったと思います。このあたりの事情を知っていると、地の塩という表現が、紊得できるかもしれません。日本ではふつう、海の塩という言い方をするでしょう。「塩に塩気が亡くなったら、塩にはもはや塩味はつけられない《、イエスは私たちが価値のある人間として歩んで行くことを、こう表現しました。また続いて、「灯は、周りを照らすために燭台の上に置くものだ《とも表現しています。私たちが地の塩であり、世の光なのだと ▼ここで注目したいのは、地の塩、世の光になりなさいとは言っていないということです。「あなたがたは(生まれたときからすでに)地の塩であり世の光なのだ《「あなたがたの光を人々の前に輝かしなさい《と言っているのです。私たちの持っている光とはなんでしょう。塩味とはなんでしょう ▼先日、年少の子どもの部屋参観日が終わり、これですべてのクラスの保護者の方に子どもの部屋での様子を見ていただきましたが、多くの方が、「子どもの満足そうな顔を見ることが出来て幸せな思いになった《とか「あんなに集中できるとは思っていなくって、家庭での様子とまた違う面を見て感動した《などとおっしゃっていました。わが子の姿でイライラするのでなく、幸福感を味わったり感動を覚えたりするとしたら、それこそ、その子その子の光であり塩味なのではないかと思ったりもします。生まれながらにして皆が持っている光や塩味なら、決して特別な才能のことではないはずです。わが子の光や塩味に気が付いた親は、なんと幸せなことでしょう。もちろん私たち大人も光や塩味をたくさん持っています。それを少し認識するだけで、世界観は変わってくるかもしれません。

≪聖書を読む会≫
 *3月5日(水)10:00 〜 11:15、幼稚園聖堂
≪ヨセフ会≫
 *来年度4月16日(水)19:30 〜 21:00、大学ヨゼフ館1F
      新規申し込みをお待ちしています。
      

保育室から…  (年中組 青山)
 早いものでもう1年が過ぎようとしています。年長児は進学に向けて、年中、年少児は進級に向けて期待が高まってきている様子が、子ども達のキラキラ輝いた顔から伝わってきます。
 年中組では、一年を通しての神さまの話で、神さまを信じることやお祈りの大切さについて話を聞いてきました。クラスでお休みをしているお友達がいると、そのお友達の事を思って、皆でお祈りをしています。すると、「今日〇〇ちゃんは来てるかなあ…《「早く元気になってくれたらいいね《「〇〇くん、元気になってよかったね!《など、毎日のようにいろいろな声が聞こえてきます。お祈りをすることで、お友達を思う気持ちが子ども達の中に、更に育って来ていると思います。
 誰かのために祈ること、誰かに思いを寄せること…。とても素敵なことです。いつまでもこのことを忘れず、子ども達と過ごしていきたいと思います。      


 +徒然日記+  
 今日、明後日卒園する年長の男の子が、「園長先生、もう最後だからこれあげる…《といって折り紙で作った何やら怪しげなものをくれた。なんだろうと思ってよく見ると、目が書いてあって、手がだらっとして…。「これは何?あ、お化けだなあ《というと当たっていたようで、「うん、せっかくだからね…《と言いながら去って行った。何がせっかくなんだか…。これだから、幼稚園は楽しい。日々の心労の中にさわやかな風が通り抜けたようだった。たまたま横を通りかかってその会話を聞いていた年少さんに、「これ、お化けだって《と見せると、「おぉぉ〜《と言って怖がったふりをしていた。
 またこれも今日の出来事。やはり年長の、今度は女の子が、「園長先生、〇〇(自分の吊)は卒園できる?《と聞くので、「立派になったから卒園できるよ《と答えた。すると「卒園できない人もいるの?《と質問が続くので、「サッカーが出来なくっても、刺繍が出来なくっても、いつも園長先生が話しているように、我慢したり譲ったり、一人ぼっちの子にやさしくできるようになったら、みんな卒園できるんだよ。それが出来ないと卒園は無理かなあ。そうだねえ、みんな卒園できるね!《と答えると、紊得したように去って行った。どの子も良い3年間を過ごしたんだろうなと思いを馳せ、幸せな気分になった。


園長/大谷文彦
園長/大谷文彦

バックナンバー
 最新版はこちら
  4月度バックナンバー
  5月度バックナンバー
  6月度バックナンバー
  7月度バックナンバー
  9月度バックナンバー
 10月度バックナンバー
 11月度バックナンバー
 12月度バックナンバー
  1月度バックナンバー
  2月度バックナンバー

 

トップ新着情報教育方針概要・沿革園の特色園の生活年間行事 | 園児募集お問合せ園長室より

ノートルダム清心女子大学附属幼稚園
〒700-8516 岡山市北区伊福町2丁目16番9号
電話番号086-253-4780 ファックス番号086-256-2275
Copyright 2008 Notre Dame Seishin University Attached Kindergarten. All Rights Reserved.