園児募集中!ノートルダム清心女子大学附属幼稚園では、キリスト教精神に基づいた幼児教育を行っています。幼稚園の概要や入園案内、園の一日などを掲載しています 〒700-8516 岡山市伊福町2丁目16番9号 電話:086-253-4780 FAX:086-256-2275


〒700-8516 岡山市北区伊福町2丁目16番9号TEL 086-253-4780 FAX 086-256-2275
 
園だより・宗教だよりなど園長メッセージ―園長室より

■7月の園だより
   先日は予定外の大雨警報で休園になり、多くの方にご迷惑をおかけしました。教師のほうもいろいろな予定が狂ってしまい、どちらを向いても残念な一日になりました。今後の課題、反省材料として考えていきたいと思います。
 年々、イレギュラーな気象変動が激しくなっていくように思います。エルニーニョだかラニーニャだか、地球温暖化と関係があるものと思われますが、これからの子どもたちの将来はどうなるのだろうと憂いつつも、心配をよそに、目の前の子どもたちは泣いたり笑ったり、いろいろな経験をしながら本当に幸せそうに日々を過ごしています。梅雨明けはまだまだ先のようですが、「雨にも負けず、夏の暑さにも負けず…」は昔も今も変わらないですね。


■7月の宗教だより(よろこびの訪れ)
 「目の中の丸太」(マタイ 7.1-3)
 世の中の常識とはどんなものでしょうか?長年にわたってその文化が生み出した世間の規範といってもいいかもしれません。しかしその常識は、案外自分の独善だったりもしますから、何とも扱いにくいものです。他人(ひと)に向かって「そんなの常識でしょ」という時、古今東西変わらぬ常識なのか、地方や個々の家文化によっても違わないものか、そして自分もそうなのか等、いろいろと考えてみないといけないことは山ほどあります。イエスは「…自分の量る秤で量り与えられる。あなたは兄弟の目にあるおが屑は見えるのに、なぜ自分の目の中の丸太に気づかないのか」と言っています。とかく人は自分の間違いに気づかず他人(ひと)のことばかり気にして裁こうとします。「なに、あの人は!そんなの常識でしょ」と。しかし他のことでは自分は非常識だったりもするものなのです。そんな人は悲しいかな、自分こそ常識人だと思っています。自分という基準で人を量ろうとしているのです ▼ある方が、「車を走らせていて、自分の前に車が割り込んでくるとイラッとしてしまうが、自分もそういうこと(割り込んだこと)があったなと思えば、『いいよ』と許せるようになった。」と言っているのを聞いて、素晴らしいなと思いました。「お互い様」というやつですね。人はいつも間違うし罪も犯すので、「お互い様」で暮らせば、何の衝突もありませんし、それは何より自分の精神衛生上、好ましいことです ▼「自分も間違えるから他人(ひと)の間違いが許せる」。これを裏返してみると、主の祈りに「私たちの罪をお許しください。私たちも人を許します」とあるように、「他人(ひと)を許して自分も許されよう」ということになります。ルカ福音書には、「押し入れ、揺すり入れ、あふれるほどに量りをよくして…」とありますので、自分が懐を広くして周りの人を許容すればするほど、自分がそうされるということです。仮に自分がしないようなミスでも、狭い常識だけで考えないで枠を広く持って量ろうということです。理論だけでなく感情を大切に相手の気持ちに思いを馳せると、「自分はそんな間違いはしないもん!」と言って他人(ひと)を裁くようなことにはならないのではないでしょうか。夏目漱石の『草枕』に、「智に働けば角が立つ、情に棹させば流される、…」というのがありましたが、理屈で「あの人はどうだ」と考えすぎないで、情も意地もバランスよく量れば、他人(ひと)の目のおが屑は気にならなくなるのではないでしょうか。もちろんその前に自分の目の丸太を取ることができれば、越したことはありませんが…。

≪聖書を読む会≫
  *7月13日(水)10:00 〜 11:15、幼稚園聖堂(エレベーター脇より入る)
≪ヨセフ会≫
  *次回は10月20日(木)19:30 〜 21:00、ヨゼフ館2F1202JA
    
      
 +保育室からここから+  
 新年度に入ってから3ヶ月がたち、年少組も徐々に園生活に慣れてきたようです。入園したばかりの頃はお祈りの仕方もわからなかった年少児ですが、神様の話を通して神様のことやお祈りのことを聞くにつれて、少しずつ神様の存在やお祈りが身近なものになってきているように思います。
 ある時、「神様はいつでもみんなのことを見守ってくれているんだよ」と話すと、子どもたちの顔が一斉にくるっと動きました。視線の先を見てみるとそこにはイエス様の十字架がありました。ちょうどイエス様が下を向いているので、「見守られている」ということを実感したのかもしれません。またプールが始まってからは「明日プールに行けるように神様にお祈りしておく!」という声もたくさん聴くようになりました。このような声を聴くと、皆の中に神様がいるんだなと温かい気持ちになります。
 これから長い夏休みが始まります。楽しい毎日だとは思いますが、一日の中で少しだけでも神様とお話をする時間を持ってもらえたらと思います。9月に身体も心も大きくなった子どもたちに会えることを楽しみにしています。    (年少こすもす組 齋藤)
  +園児語録+ 

 ある時年長の男の子が言いました。
 「えんちょうせんせい、かいしゃにいってるの?」
 そこで私、
 「行ってないよ…。」
 すると信じられないような顔をして
 「えー?」
 私が日々遊び暮らしているように思ったのかもしれません。

      



園長/大谷文彦
園長/大谷文彦

バックナンバー
 最新版はこちら
  4月度バックナンバー
  5月度バックナンバー
  6月度バックナンバー

 

トップ新着情報教育方針概要・沿革園の特色園の生活年間行事 | 園児募集お問合せ園長室より

ノートルダム清心女子大学附属幼稚園
〒700-8516 岡山市北区伊福町2丁目16番9号
電話番号086-253-4780 ファックス番号086-256-2275
Copyright 2008 Notre Dame Seishin University Attached Kindergarten. All Rights Reserved.